女優名・メーカー名を覚えておく

無料エロ動画の特徴は、細切れであり、題名は適当です。
例えば200分のDVDがあるとします。そのDVDを制作会社が無料のまま全てアップロードしていることはありませんし、個人が行えば著作法違反です。個人撮影動画をその個人が動画共有サイトでアップロードしているのならばともかく、DVDやDL販売されているものが丸ごと無料で手に入ることはありません。

販売されているものが無料で見られるのは、ダイジェストや1シーンを切り抜いたものです。アダルト動画は映画と違い、地上波に載せて宣伝することはできません。そのためサイトを利用した宣伝として、1シーンを提供しているのです。
作品名をそのままサイトに載せても、閲覧者は興味を引きません。そのシーンの内容を示すような題名でないと、その動画を見ようとしないのです。そのため本来の作品名と違う適当な題名になるのです。

ですが提供してもらっているサイトはそれを示す言葉を必ず入れています。どこから提供されたのか、そして説明文には女優名が示されています。単体作品に出演している女優となると、ファンがついていますので名前があるだけでも検索にかかることがあるのです。

基本的にAV女優は雰囲気はあまり変えません。そのため似たような作品に出演することが多いようです。メーカーも同様に女優や監督を抱えていますので、同じような作品を作ることが多く、どちらかを押さえておくと好みの動画を見ることができます。

関連動画で見つける

エロ動画は性的趣向で見る人が多いものです。SMが好きな人はSM動画を見ますが、その趣味がない人は興味を持たないどころか嫌うことさえあります。小難しい話のように思えますが実に簡単な話で、好みのサイトを一つ見つけてしまえばそのリンクには似たようなサイトが集まっているのです。

リンクのランクというのは、そこから飛んでいる人の数で決まります。個人の集まりである動画共有サイトを除きアダルトサイトは似たような動画が揃えられています。
熟女サイトには熟女が。ハメ撮りサイトにはたとえプロであってもハメ撮り風な動画が揃えられています。そのようなサイトに検索で集まった人たちは同じような趣味を持っています。そのためリンクで上位に挙がるのは、当然同じようなサイトなのです。

大雑把な探し方としてはリンクを辿るのですが、細かな集め方としては動画共有サイトでの関連動画を当たる方法があります。前項で示したようなタグと共通することですが、共有サイトは動画数が多くタグだけで選ぶと難しいものがあります。

好みの動画を一つ見つけられることができたのであれば、それの関連動画であれば同じ質のものであることが多いようです。ある意味動画の絞り込みともいえるやり方であり、動画サイトの基本ですので覚えておいて損はありません。

タグで検索する

無料エロ動画が大量にあり、性癖にあったものを探すにはエロ動画共有サイトが便利です。

共有サイトはブログのようにタグ分けがしてあり、一発で好みの検索を行うことが可能です。ただタグによっては膨大な量の動画がそのタグであることがあり、その場合は絞り込む必要があります。
共有サイトのほとんどはサイト内検索がついていますので、そこにタグを複数打込むと絞り込みが可能になります。

タグはあくまで投稿した人が任意で行っていることがあり、正確でないサイトもあります。サイトによっては1日の閲覧制限があるものもありますので、題名だけで選ぶのではなく、閲覧数や「良い」などのサインがあるものを参考にして閲覧したほうがより確実だといえるでしょう。

またタグ検索ができるのは共有サイトだけではありません。最近のアダルトサイトはブログを利用したものが多く存在します。そのためブログと同じように記事1つ1つにタグを表記しているサイトがあります。
そのようなサイトですと、ブログ内検索と同じことができますので、見たい動画を1つ見つければ類似した動画は簡単に見つけることが可能です。ただそのようなサイトは古い記事はリンク切れを起こしていることもありますので、その場合は諦めるしかありません。